胸郭のゆがみとストレッチ

今回は、胸郭(胸)のゆがみと、ストレッチの方法について説明します。

街中で、このような姿勢をしている中年移行の人を見かけませんか?


このようなゆがみを起こす筋肉は いくつも考えられますが、

主な筋肉として、

首を前に引っ張る胸鎖乳突筋

腰の前弯を減少させる下後鋸筋

胸椎の港湾を減少させる胸棘筋

が挙げられます。


また、左右12対ある肋骨と、胸前中央にある胸骨と、背中にある12個の胸椎で作られている胸郭自体も歪みます。


それは、肋骨の間にある肋骨間筋や肋骨に付着する筋肉が硬くなり縮むからです。


(正確には、外肋間筋・内肋間筋・最内肋間筋・肋下筋・胸横筋・肋骨挙筋 が挙げられます。
また、前鋸筋 も関係してきます)




胸部にある筋肉が硬くなり縮むと、このように胸郭にゆがみが出ます。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

胸郭は、姿勢だけでなく、呼吸にも関係する大切な筋肉があります。

今回は、胸郭の筋肉のストレッチとして、3つの方法を紹介します。


①おもに肋間筋を伸ばすストレッチ

これは単純に大きく呼吸をし、胸郭を広げるストレッチです。

呼吸をする際に、胸郭が動いているかどうか、広がっているかどうかを、

胸に当てた手で確認しながらやりましょう。

腹式呼吸でなく、胸式呼吸でやるのがミソです。




②おもに肋間筋などを伸ばすストレッチ

椅子に座って下半身を固定した状態で、上半身をねじります(回旋します)。

その際、肩と肘を90度に挙げて、身体の横に固定し、ひねる際に、後ろに行く腕の肩甲骨に力をいれて体をひねると、

胸郭が効率よくねじれます。

肋骨と肋骨の間の筋肉を伸ばすイメージでひねりましょう。




③背中の筋肉を伸ばす(特に胸棘筋)ストレッチ

椅子に座って、下半身を固定した状態で、後頭部に両手を添えて、手の力で、背中を丸くして伸ばします。

12個ある胸椎の間が伸びるイメージを持ちましょう。



縮んでいる筋肉がうまく伸びれば、

若い人のように姿勢が綺麗になります。

もちろん肺活量にも影響することでしょう。

簡単なストレッチなので、気づいたときにおこなってみてください。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

鍼灸師 佐藤春美

解剖教材会社
   マグネット解剖標本社 代表
都内で鍼灸院開業

fc2user81691i

Author:fc2user81691i
鍼灸師 佐藤春美

解剖教材会社 
  マグネット解剖標本社 代表
都内で鍼灸院を開業

検索フォーム

QRコード

QR